少し前の話ですが、久しぶりにチェロのドミナント弦を使いました。先方の「どうしても」という要望で、私がひねり出した苦肉のアイデアのセッティング(弦)でした(けっして皆さんにお勧めしているわけではありません)。
 ある部分に関しては要望に対して満足していただけたと思うのですが、別な部分で「ムムム」という部分もあります。もちろんそれを承知の上でのセッティングです。
 以前は多くはないにしろそこそこ使った(私が使ったというより、お客側が使っていた)弦ですが、最近は本当に珍しいですね。

関連記事: