私はこれまでWindowsXPを使っていました。しかし今回全てのOSをWindows7(メイン機は64bit版)にアップグレードしました。
 ソフトウェアの互換性とかは事前に調べていたのでほぼ問題はなかったのですが、当然対応していると思い込んでいたキャノンのA3レーザープリンタLBP-910が非対応だったのです。最低でもOS付属のドライバでは使えると思い込んでいました。
 ところが後で知ったことですが、キャノン純正ドライバ(64bit版)はVistaでさえも既に対応していなかったし、Windows7ではOS版のドライバさえも存在しませんでした。さて困った、WindowsXPでプリンタサーバーを置くとか、色々なプリンタ延命策を試みたのですがダメでした。ちなみWindows7の「XP Mode」を使えばLBP-910プリンタは使えますが、しかしその「XP Mode」の中でしか使えないので、私のやりたいこととは違います。
 これはプリンタ買い換えしかないと諦めかけた時、「似たようなプリンタのVista版ドライバを強制的にインストールしたら?」と思いついたのです。そこでダメ元で、最後の手段として試してみました。
 LBP-910に形が似ているLBP-1810というプリンタを探し出しました。さらに、Windows Vista 64bit版用ならLBP-1810のドライバが存在するのも確認。それをダウンロードして強引にWindows7 64bit版の、それもLBP-910にインストールしてみました。
 結果は、とりあえず印刷できています!! 皆さんも、「非対応プリンタ」を安易に諦めてはいけませんよ!

関連記事: