私は弦楽器製作者協会の一般会計担当なのですが、毎年この時期に開催される総会において会計報告を行っています。毎年特に問題があるわけでもないのですが、それでも計算が正しいか(もちろん事前に会計監査の了承を得ての会計報告ではあるのですが)、説明箇所において誤記は無いか、等々、多少の緊張感はあります。

 そんなわけで、会計報告が終わると、とりあえずホッとします。

 話はかわりますが、毎年、数名の会員(または元会員)の訃報をききますが、仕方ないこととは言え残念です。

関連記事: