私はもうずいぶん長いこと、SONYのモニターヘッドフォンMDR-CD900STというヘッドフォンをメインで使っていました。モニターヘッドフォンとしては定番中の定番というくらいポピュラーなヘッドフォンです。

 このヘッドフォン、長年使っているので多少の音の”へたり”はあるとは思いながら、それでもそれ以外のヘッドフォン(SONY MDR-7506とかBOSEのヘッドフォンとか)よりも音が良いし、不満もなく使っていたのです。

 しかし少し前からSONY MDR-Z1000というモニターヘッドフォンの情報量が凄いらしいという噂を耳にして、気にはなっていたのです。私自身、最近歳をとってしまって、若いときのような「音質へのこだわり」とか「追求」をしなくなってきている自分の危機感も薄々感じてきていたのもあって、ちょっと試してみることにしました。

sonyheadphone

 工房のお客様に「良い音」を勧めている仕事柄、自分自身も「良い音への追求心」が薄れてしまっていてはいけません。

 手前が今回購入したMDR-Z1000で、奥がこれまで使っていたMDR-CD900STです。

63022_517295584979875_1950396248_n

 比較に使ったCDは、最近私のお気に入りリファレンスCD(SACD)のオランダ放送フィルハーモニー交響楽団「春の祭典」です。このSACDの音質、凄いんです(もちろん演奏も)。

 それでは試聴・・・・・・、「なにこれ、あまりにも違う!」 聞こえていなかった音がたくさん! 「今まで私は何を聴いてきたのでしょうか?」というくらい、情報量が違うのです。CD900STだって凄い情報量だと思っていたのに。

 

関連記事: