我が家の電波時計は年々増えています。最近では小型の携帯目覚まし時計でさえも電波時計です。ところがこの電波時計、なかなか基準電波を拾えずに、結局は通常のクォーツ時計として動いている物も多いのです。電波を拾いやすい3Fの窓際の場合には全く問題ないのですが、2Fや1Fの窓から離れた部分では絶望的です。これほど電波時計という物が普及しているのに、肝心の基準電波の出力が弱すぎると思います。大体、送信機が九州と福島の2カ所だけというのが、そもそもおかしいのです。

 つい先日には工房の壁掛け時計も電波時計に交換したのですが、やはり予想はしていたのですが、基準電波を拾うことができませんでした。

ntplr そこで「P18-NTPLR 基準信号送信機」を増設することにしました。この機械はインターネットから正確な時刻を受信して、そして電波時計専用の電波として発信する機械です。
 この機械によって、これまで一度も電波を受信することのできなかった時計も、あっけないほど簡単に電波を拾って、全ての時計が秒単位までピッタリ合いました。気持ちが良いです。
 ただ、発信する電波の出力があまり高くはないので、2Fに電波送信機を設置して、1Fの工房の壁掛け電波時計がギリギリ電波を拾えたという感じです。

 家庭内の全ての箇所まで電波が行き届くというわけではありませんが、お勧めの機械ですよ。

 

 

関連記事: