いつもの事ではありますが、ヴァイオリンとチェロの方は「良い楽器」や「良い弓」、「良い調整」というものにとてもどん欲です(全員というわけではありませんが、割合的に)。しかし、ヴィオラの方は演奏人口の割合を考慮しても、それでも楽器や調整に無頓着の方が多いのです。
 私は自分自身がヴィオラを弾くので、「良いヴィオラの音」に対してとても高い意識を持っています。
「音が出ないのがヴィオラの音」とか、「モコモコこもった音が良いヴィオラの音」とか勘違いされているのがとても残念でなりません。ヴィオラの方で「楽器に手を入れていないなあ」という方や、「楽器の鳴りに不満を持っている方」はぜひ一度私の工房にいらしてください。
 ほとんどの場合、「良い弓」で楽器の発音がまるで変わるのです。これは何もヴィオラだけでなく、ヴァイオリン~チェロにおいても全く同じ事なのですが、「まずは良い弓」です。これは何もセールストークとして言っているのではありません(それで言っていたら、逆に私自身が恥ずかしいくらいです)。
 自分の楽器や自分自身の演奏にあらためて驚くくらいですよ。そのくらい「音の根本」をなしているのが「良い弓」なのです。そしてそれを知るためには「理論」が必要になります。
 たくさんのヴィオラ弓もそろえていますので、興味のあるかたはぜひどうぞ。

関連記事: