弓を仕入れたばかりだからなのか、それともボーナスシーズンだからなのか、それともたまたまなのかは判りませんが、弓の試奏の方がたくさんいらしてくださっています。

 私の工房での特徴は、単に弓をお見せするだけではなく、「弓の性能の本質とは何か?」を説明するところから始まります。だから、1時間から、場合によっては3時間以上も話す事もあるのです。毎回、私自身は同じ話をするのですが、しかし一期一会の気持ちで説明しますので、説明が終わったあとにはくたくたに疲れ果ててしまいます。昨日も夜の9時くらいまでチェロ弓の説明をしていました。

 必ずしも弓の購入に至る方ばかりではないのですが、しかし「こんな話は初めて聞きました」とか、「予算を貯めたらまた来て、購入したいです」とか言ってくださるだけでも、その疲れはずいぶんと軽減されます。もちろん一番嬉しいのは、弓を購入してくださって(さらに後日楽器の調整もして)、「今までと全然違います。あの時思い切って購入して良かったです」と喜んでもらえたときです。

 ちなみに、ヴィオラ弓の試奏の方はまだ残念ながらいませんので、ヴィオラ弓を探していらっしゃる方、是非いらしてください。私の工房でのヴィオラ関係のこだわりは凄いですよ。

 もちろんヴァイオリン弓やチェロ弓も、良い物がありますので、そちらの方もどうぞ。あと、カントゥーシャ作のヴァイオリンの在庫もあります。

関連記事: