今日、新宿を歩いていたらリサイクルショップ(ブランドバックとか売っている)のショーウィンドウに2本のヴァイオリンが置かれていました。近づいてみてみたら、まあ程度の低い楽器でした。

 1本は国産量産ヴァイオリン(鈴木ではないです)の、低ランクのもの。価格は14万円ちょっとでした。楽器の程度が悪いので、この価格設定は高すぎではありますが、しかしまあ、無茶苦茶という価格設定ではありません。

 問題はもう1本のほうです。もはや使うに値しないくらいの古い(というよりはポンコツの)低ランクのヴァイオリンで、さらに状態が悪いものが、「オールドヴァイオリン」と書かれて、19万円で売られていたのです。

 確かに「オールド」ではありますが・・・。こんなヴァイオリンを、掘り出し物だと思って買ってしまう人もいるのでしょう。

 みなさん、弦楽器専門店以外で絶対に中古楽器を買ってはいけませんよ。最終的に損をしますから。

関連記事: