murata1

 先日、無量塔藏六1970年代作のヴァイオリンが修理にきました。とても綺麗で技術的にもすばらしく優れた作りをしています。無量塔藏六氏の全盛期といってもよい時代の楽器だと思います。
 残念なのは、これまでの調整も使い方も酷くて、あまりにも状態が悪く、せっかくの楽器がだいなしになりかけていました。現在かかりきりで、このヴァイオリンを蘇らせている最中です。少し前に私の工房で良い弓を購入された方なので、その弓の性能を利用した物理的根拠の元の調整を行うことで、驚くような鳴りの変化が起きるのです。みなさん、驚きます。

関連記事: