たまに、「すみませんが、ヴィオラの弓もありますか?」と、なにか申し訳なさそうに電話で問い合わせを頂くことがあります。

 「うちほどヴィオラの弓に拘っているところはそうは無いと思いますよ!」 このヴィオラ弓の在庫数を見せてあげたいくらいです。

 私の工房でヴィオラの弓を購入してくださった方には、あなたのその後の調整(またはその後のあらたな楽器の紹介)でヴィオラの音の価値観を変えて見せます。「ヴィオラって、こんなに素晴らしい楽器だったのか?」って。

関連記事: