muratavc無量塔藏六親方がドイツから帰国後、第一号のチェロです(製作を依頼した所有者の息子さんからゆずり受けました)。後の無量塔作のスタイルの面影はなく、どちらかと言えばHornsteinerとかの雰囲気でしょうか。ラベルの文字も”Z”orokuです。日本のヴァイオリン製作歴史の中で、貴重な楽器の1本と言えるでしょう。

関連記事: