これまでは私のホームページに掲載している動画はWMV形式で自宅サーバーに保存して公開していました。しかし「YouTubeにて・・」という声も多く、検討していたのです。
 ちなみにYouTubeにアップロードするメリットは、「様々な種類の視聴環境で再生できる」ということです。例えば、WMV再生が苦手なMac環境でも、それどころかスマートフォン(携帯電話)でも再生できます。また光回線のような高速ブロードバンド環境でなく、ADSLのような環境でもスムーズに視聴することができるのです。
 そんなわけで動画をアップロードしているのですが、これが時間のかかること・・。コツコツとやるしかありません。前回アップロードした動画では「著作権侵害のおそれがある警告」が出てしまい(もちろん一切著作権侵害していません)、それをYouTube側に提訴したり、結構面倒なこともあります。
 しかし、今のところはアップロードした動画をYouTubeで見てくれる方よりも、これまで通りにWMVを自宅サーバーにアクセする人の方が圧倒的に多いのです。なぜ?ダウンロードしたいから??

関連記事: