統計を取ったわけではないのですが、私の工房で以前に弓を購入された方が「さらに良い弓を・・」とか「違ったタイプの弓を・・」と言って、再び購入されることが多いのです。今回の仕入れでも何人かの方に声をかけていただいています。
 このような「また購入したい」という声は、私にとっての勲章と思っています。なぜならば、以前に購入した弓に満足していただけているからこそ、再びお声をかけていただけていると思うのです。
 また、以前に購入した弓によって「本当の意味での弓の性能というものが判ってきて、もっと良い弓が欲しくなった」と言われることも多いのです。
 自分で言うのも何ですが、私の自慢(自信)は、弓をただ単に売るだけでなく、「弓の理論」をきちんと理論的に説明できることと思っています。プロの演奏家も含めて、意外と皆さん見当外れの考えで毎日一生懸命練習をしている人が多いのです。嘘のように思われるかもしれませんが、まずは私の「弓の理論」を聞いてみてください。「目から鱗」のはずですから。そしてご自分の演奏能力(表現能力)の高さに、ご自身が驚くはずですよ。

関連記事: