私の工房には様々な年齢層のアマチュア演奏者がいらっしゃいます。プロの演奏者や音大生は、割合からするとわずかで、かなりの割合がアマチュアの方なのです。しかし、私の工房のお客様は、音(楽器)に関して意識の高い方や、向上心の高い方が多いのではないかと自負しております。
 ところが、ふと考えてみたら最近大学生の割合がかなり減っているような・・。以前は私がそうだったように、「オケ命!」のような大学生がたくさんいらしてくださっていたのに・・。
 就職活動で忙しくて、オケ活動にものめり込んでいないのか?それとも、通販とか、量販店で「軽く浅く済ませる」程度が丁度良いと考えているのか?
 オケ活動だけに限りませんが、学生時代に趣味にどっぷりのめり込むことは、後々役立ちますよ。絶対に。

関連記事: