以前なら、弦楽器(ギターとかは除く)やピアノを演奏している方で爪を伸ばすなどというのは「常識外れ」でした。なぜならば、演奏もうまくいかないし、それ以前に楽器を傷めてしまうからです。
 ところが最近、爪をのばしている「常識無し」が増えています。かっこいいと思っているのか、それともただ単にだらしがないだけなのか・・。最近はヴァイオリンの先生も厳しい指導をしない傾向にあるので、「爪を切りなさい」とか、めんどくさいことは言わないのかもしれませんね。
 爪を伸ばしている人の楽器は、指板の変な箇所が傷むのが特徴です。また、演奏においても、指の腹の部分だけを使って弦を押さえるので、音程の微調整が取れにくいとか(音程が悪い)、ヴィブラートがうまくかからないなどの演奏上の弊害もあるのです。
 蛇足ながら、爪を伸ばしている人には不器用な人が多いです。これは上でも書きましたように、無意識に指先を使わないような指使いをするようになるからです。指の腹の部分ではなく、指先(指先と爪との境目)こそが一番圧力をかけられる部分であり、また神経を集中できる部分だからです。我々職人の技術でも、常に意識する部分です。
 とにかく「爪を切れ!」 特に若い男どもよ。手先が不器用だと、もてないよ。
 ヴァイオリンの先生方も、あまりにも低レベルで面倒くさいと思われるかもしれませんが、爪を切るようにと指導して欲しいです。

関連記事: