私が考案したエンドピンストッパー”Zauberplatte”ですが、数名の方から、「エンドピンを刺す部分の穴が大きく掘れてしまった」という情報をいただきました。
 もともと、この刺す部分は、ある程度は穴が大きくなっていく事を前提として材質なども設計したつもりですが、私が当初考えていた以上に、穴の傷み方が大きいようです。

 そこで検討の結果、改良モデルでは、最初から中央部分にもっと固くてしかしある程度の柔らかさをもっている素材(黒檀素材と比較した結果、工業用のプラスティック素材を採用しました)を埋め込むことにしました。この部分は、将来交換可能な構造にしました。


 

 

 初期型の”Zauberplatte”を使っている方で、ご希望の方には上記写真のようなタイプに修理を行いますので、ご希望方はご連絡ください。修理は最初の一回に限り、無料で行います(エンドピンを刺す穴部分の修理に限ります。初期型に限ります。)。

 初期型(中心部分に黒色の丸が埋め込まれて いない タイプ)をお持ちの方は、中央部の穴の直径が大きくなりすぎないうちに、早めにお持ちください。

 

関連記事: