私はこのブログで「コメント」の欄を閉めています。それは「ネット上の会話なんて何の役にも立たない」と思っているからです。「思っている」ではなく、「確信がある」と言い切ってもよいです。もちろん、これは仕事(弦楽器関連)上の話です。
 実際に工房で直接会って、実物の楽器を目の前にして、直接演奏したり、直接音を出したりしながらの「会話」の情報量は、ネット上の会話よりも100倍も(数値的な根拠はありませんが)違うのです。
 ネット上での会話や情報収集(検索)は、自己満足にしか過ぎないのです。薄っぺらなのです。また、ほんのちょっとした文書の読み取り方で、または書き方で、大きな誤解が生じたりもします。
 同じ意味から、私はFacebookも少しだけ使っていますが、Facebookに工房関連の真剣な話は今のところは載せない方針です。Facebookでは、どうでも良い気軽な(プライベートな)コメントや、「いいね!」しかしていません。
 私が真剣に書いている内容は、私のホームページやブログから読み取ってください。そして「それ以上のもの」が欲しければ、工房にいらして質問してください(内容によってはお断りすることもありますが)。
 「人と人との会話」、結局はこれが究極の情報です。

関連記事: