今日、レオニード・コーガン演奏のチャイコフスキーの協奏曲を聴きました。ここ20~30年間、コーガンの演奏をじっくり聴いたことはありませんでしたので、その演奏の凄さを改めて感じて新鮮でした。

 今聴いても、まったく古さを感じさせない演奏と録音でした。素晴らしい!

関連記事: