ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です
ブログ記事

工房

「どこを見て、楽器の良し悪しが判るのか?」と訊かれても

 私が、「パッと見ただけで、大体の楽器の良し悪しは判るものですよ」というと、逆に、 「凄いですねえ。どこを見て、楽器の良し悪しが判るのですか?」と質問されます。 「どこを見て?」と言われても、「全て」としか言いようがない …

リズミカルな釘打ちの音を聞かなくなった

 私は祖父や叔父が大工だったため、大工道具の中で育ったようなものです。そして無意識に、建設現場の音と木材の匂いが大好きでした。  ノコギリで木を切る音、そしてゲンノウで釘をリズミカルに打つ音。最初に軽く叩いて釘を合わせて …

私の事を信用して弓や楽器を購入してくださった方には、私も恩返しをしたいです

 私の事を信用してくださって、私の工房にて弓や楽器を購入してくださった方に対して、私は恩を感じています。  だから購入後にも、出来るだけの「何か」をお返ししたいと、常に思っています。もちろんその「何か」とは、技術的なこと …

私がインチキだったら、もっと張ったりをかまします

 私は様々な測定機器、観察機器を自費購入して、弦楽器の様々な疑問に対して研究しています。自慢になりますが、弦楽器専門家(アマチュは除く)でここまでやっている人は、世界的にも珍しいと思います。  もしも私がインチキ商売人( …

弦楽器関連は、家電製品とは全然違うのです

 私は以前から事があるごとに、「商品を買うのではなく、技術(=人)を買うのです」と説明してきました。  しかし、なかなか理解してもらえないどころか、私の主張とは真反対の考えや行動を起こす人が、年々増加していると感じます。 …

国産量産楽器の、とても良いヴァイオリンとチェロが入りました

 国産量産楽器で、コストパフォーマンス抜群のヴァイオリンとチェロを入手しました。  その品質と状態は、例え量産楽器とは言え個々の楽器によって様々ですが、私が納得の上仕入れた品質のものです。「佐々木ヴァイオリン製作工房の品 …

弓位置記号 “Sp”、 “M”、 “Fr”

 少し前に娘が、楽譜に弓位置を書き込んでいたのですが、「弓元」とかの漢字で書き込んでいたので、ちょっとビックリしました。 普通、ドイツ語の次の略字を使うのが常識でしょうに。 Sp(シュピッツェ):弓先 M(ミッテ):弓中 …

ストラディヴァリの研究をしてはいけないのです

 ストラディヴァリの研究というものをよく耳にします。ところが、ストラディヴァリという楽器を研究するのは危険です。  なぜなら、その研究者は、借りた数億円以上もする、そのストラディヴァリを否定できるでしょうか? 私なら、出 …

人間は高度な脳を持っているが故に、あえて困難を求めているのでしょう

 以前私が「弦楽器の魅力とは」でも書いていますように、人間は困難を克服したときに、大きな満足感を感じるのです。だから「山」があったら登ってみたいという好奇心に駆られるのです。  弦楽器も同じだと思います。  だから、その …

アロンアルファの会社からメールがありました

 以前、私のブログで「アロンアルファが使いにくくなった」と書いたところ、その記事がアロンアルファの東亞合成株式会社の方の目に止まったようで、メールをくださったのです。  それで「アロンアルファ新容器用の精密ノズルの試作品 …

1 2 3 160 »
PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.