ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です
ブログ記事

パソコン、AV、家電、車

マレーネ・ディートリッヒの「花はどこへ行った」

 ドイツに住んでいた時にたまたまテレビで聴いた、マレーネ・ディートリッヒが歌ったドイツ語版の「花はどこへ行った / Sag mir wo die Blumen sind」が印象に残っていて、いつかはCDを買いたいと思って …

防湿庫内の冬期の「加湿」をしなくてよいのか?

 私が改造した楽器保管防湿庫について、「冬期の加湿については?」と疑問を持っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?  この点についても、「私のノウハウ」の一部なのです。簡単に言えば、私の長年の経験上、冬期に防湿庫の …

フルニエの安物CDに注意

 先日フルニエ演奏の無伴奏チェロ組曲を、オリジナルレコードと、CDの音とで比較しました。この時に比較に使ったCDは、写真の左側のCDでした。CDとBlu-ray Audioディスクとが入った3枚組のパッケージの物です。 …

ビルスマの無伴奏チェロ組曲、レコード、SACD、CDの聴き比べ

 ビルスマ演奏の無伴奏チェロ組曲は、実は私が一番聴き慣れている無伴奏チェロ組曲の録音です。ずいぶん前に、特に意図してビルスマの演奏を選んだわけではないのですが(いや、忘れてしまったのですが、誰かからこの演奏録音を紹介され …

楽器の性能と、オーディオの性能は共通しています

 「音」の周波数帯域の中で、どの辺りの周波数帯が人間にとっての「良い音」に大きく関わっていると思いますか?  「良い楽器」の音質って、どの周波数帯域の特性が重要だと思いますか?  もちろん「全て」ではあるのですが、「強い …

フルニエのレコードの音 (~カザルスとの比較)

 フルニエのオリジナルレコードの音です。CDの音しか聴いたことがなかった方は、これまでもたれていた印象とちょっと違うのではないでしょうか? 中低音からの響きがとても豊かなのです(ELPレーザーターンテーブルにて再生)。 …

西ドイツ製のレコードの品質はとても優れている ~いや、悪い部分も?

 当時の西ドイツの工業製品のレベルが世界最高品質であったというのは誰でも知っていることですが、ことレコードの品質でも優れています。  例えばこのオイストラフのチャイコフスキーの録音も、ソ連製のレコードよりも安定感抜群です …

楽器保管用の防湿庫が完成しました

 ずいぶん前から考えていた、楽器保管用の専用防湿庫が、ようやく一つだけ完成しました!  一番苦労した楽器を吊す部分で、かなり手間がかかりました。都合の良い既製部品が無いので、3Dプリンタで作りました。楽器を引っかけて吊す …

フルニエの音 ~レコードとCDとの比較

 CDの音は、極端に変な加工はされていないようです。大きな意味ではレコードの音と同じです。  しかしELPレーザーターンテーブルで再生したレコードの音と比較してしまうと、明かな差はあります。CDの音の方は、radikoで …

オイストラフ親子による「モーツァルトVnとVaのための協奏交響曲の」レコードも・・・

 オイストラフ親子演奏による「モーツァルト作曲 ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲」のレコードですが、私のお勧めはB面に収録されている「ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲」です。  この曲のレコードも、良い音の …

1 2 3 82 »
PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.