ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です
ブログ記事

重要

3本の異なるヴィオラ弓の性能と、それによるボウイングや音質、音量の違い

 3本の異なる性能のヴィオラ弓と、それらの弓で弾くボウイング運動の違いや音質の違いを比較してみました(ヴィオラは私が製作した作品です)。  弓の性能の違いで、これだけ音や弾き方(ボウイング)に差が出るのです。演奏の上手な …

楽器の良い音とは、弦を大きく振動させると言うよりは、楽器の響板をドライブするイメージ

 多くの方は、「楽器を鳴らす」というと、「弦を大きく振動させる」ことだと思っているようなのです。決して間違いでは無いのですが、誤解しているのです。  「弦を大きく振動させる」という事を表面的に捉えすぎていて、とにかく弦の …

素晴らしい演奏には、きちんとした理由があります

 今日、私の工房のお客様のヴァイオリニストの方から、ご自身のコンサートのBDを頂きました。  その映像をじっくりと観察して、直ぐに感じたのは、「演奏の理」です。すなわち、理にかなった運動をしているから、演奏が素晴らしいの …

「裏板を鳴らす」とは

 よく、「先生から、『もっと裏板を鳴らすように』演奏してと言われる」という、話を聞きます。  ところがこの「裏板を鳴らす」という言葉(表現)を、勘違いしている演奏者や技術者がたくさんいるのです。裏板を振動させて、裏板から …

楽器や弓は、今後とも末永くお世話になりたい技術の店で買って欲しい

 以前から何度も書いていることですが、 「楽器や弓は、今後とも末永くお世話になりたい楽器店(工房)にて、紹介してもらって購入してください」  と言うのも、今後の日本は弦楽器業界に限らず人材不足、技術力不足になります。現在 …

「脱力」は決して力がゼロと言っているのではありません

 以前にも説明したことがあるのですが、多くの方は「脱力」という言葉を勘違いしています。  力を入れないことと勘違いしているのです。または間違った教育がまかり通っています。  その原因は、使っている弓の性能が低いことが原因 …

自分の価値観を追求するのではなくて、「価値観をさらに越えたところ」を

 「また、その話か!」と、うんざりされている方がほとんどでしょう。  しかし、私にはそれしか言えないのです。  自分で検索したりして、自分の価値観を追求するのではなくて、自分の価値観をさらに越えたところに、本質は(正確に …

良い音を追求しないのに、良い音を求めようとしている

 私の工房にいらっしゃるお客様は、とても真面目な方ばかりです。私の言葉にも真摯に耳を傾けてくださるような方がほとんです(だから私の工房にいらしているのでしょう)。  しかし、そんな方々でも、私の工房で高音質のレコードだと …

膝を軽く「コン」と叩くと、脚がビクっと動く

 膝を軽く「コン」と叩くと、脚がビクっと動く。  これが、演奏の本質です。すなわち、「聴衆という生物の、生理的反応を引き起こす操作」を行う行為なのです。  生物学を多少なりとも習った現代人にとって、「膝を叩くと、脚がビク …

演奏とは、f(v, p, l) = f(v, p, f(v)f(p)) かな?

 演奏とは弓の速度と、弓にかける圧力と、弦の駒位置からどの程度の距離を弾くのかの3つの要因から成り立ちます(細かな事を言い出したら、もっと細分化できるかもしれませんが)。  すなわち次の式で表現できると思うのです。 演奏 …

1 2 3 16 »
PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.