ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です
ブログ記事

重要

「感覚」って

 「感覚」って何だと思います?  自分にとって「とても大切な何か」だと思われている方が多いと思います。中には、「感覚こそが重要」と思われている方も多いのではないでしょうか? そう言っている自分は格好いいですし、なんだか芸 …

銀色のザック・レインカバーを遮熱用として使う

 以前、ザックレインカバーの紹介記事を書いたことがあります。この時には、ヴァイオリンケースの雨対策として書きました。  その後、シルバーのカバーなら遮熱効果もあるのではないかというアイデアが浮かんだのです。  そこで複数 …

良い楽器の大きな一要因は、「エネルギー効率」です

 楽器という物は、エネルギー増幅装置ではなく、エネルギー変換装置です。  すなわち、楽器の善し悪しは、エネルギーの変換効率で決まると言っても、まんざら大げさな話ではありません(もちろんそれ以外の要因もあります)。  「エ …

「楽器の構え方の理論」とは

 これまで何度か書いていることですが、私の理論の3本柱は、「弓の性能の理論」、「楽器の構え方の理論」、「楽器の音響・技術理論」です。  正確に言うならば、「楽器の構え方の理論」は、「弓の性能の理論」の下部に属する内容では …

歯の矯正と音質の因果関係

 私の工房の長いお付き合いのお客様で、私をとても信頼してくださって、工房にて楽器も、弓も購入してくださった方がいらっしゃいます。その方は楽器の扱いがとても丁寧なので、おそらく演奏も丁寧な方だと想像しています。  その方が …

弓の毛は、弓竿から何ミリの距離で張ったらよいのか?

 私の工房で弓を購入してくださったお客様から、よく、「弓の毛は、弓竿から何ミリくらいの距離(隙間)になるように張ったら良いのですか?」と質問されます。  (本当の意味での)性能の良い弓は、「少ししか毛を張らないのに、それ …

性能が低い(弓竿の剛性が低い)弓を使っている人の特徴

 製作者名とか価格とかではなく、物理的に性能が低い弓、すなわち弓竿の剛性が低い弓を使っている人には、自然とある特徴が出ます。これは演奏の能力(才能)、または技術力とは別の、物理的に当然に自然と起こってしまう因果関係による …

「理」とか「科学的」というのは、「物理学(学問)」の事ではありません

 私は常に、「理にかなった」とか、「科学的に」とか、または「物理」とかいう言葉を強調、主張します。  中には「物理学を知りもしない職人のお前が、偉そうなことを言えるのか?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。  その …

楽器は、「購入後も是非ともその店でお世話になりたい」と切望する店にて紹介してもらう

 よく、お客様に「楽器は、購入後にも是非ともその店でお世話になりたいと切望するような、そんな楽器店にて紹介してもらって購入する物なのです」と説明します。試奏し回って購入するものではないのです。  逆の事も言えて、「購入後 …

カーボン弓って、きちんとした弓とは別物なのです

 私が何度も「カーボン弓って良くないですよ」と主張しても、相変わらずカーボン弓に興味を持っている人が多いです。そして「先生が良いと言ったから」とか、「先生も勧めているから」いう言葉もよく聞きます。  なぜカーボン弓を良い …

1 2 3 13 »
PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.