ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です
ブログ記事

重要

まだ、自分には向上心(好奇心)が残っているみたい

 私は今58歳です。職人人生としては「後期」だと思います。  20歳~35歳くらいの「前期」は全てが勉強の時期で、若気の勘違いなどもありますが、頭の回転がよく、身体の瞬発力もあります。吸収力もあります。新しい事を、抵抗な …

「糸巻きが緩みやすいときに、具体的にどうしたら良いのですか?」と問われても

 今日、学生時代のオケで同期だったお客様が、チェロの糸巻きの緩みの件でいらっしゃいました。  その方は高校のオケの指導もされている方なので、「生徒の楽器で緩みやすい糸巻きの時に、具体的にどうしたら良いのか? そういう時に …

弦の高倍音は、その倍音波長の振幅のポイントを振動させることで出ます

 物理に興味の無い方は、弦楽器の高倍音とは楽器が最初から持っているものだと思っているのではないでしょうか?  しかし、高倍音って楽器が持っているわけではなくて、意識して演奏技法として倍音を出しているのです。  例えば、弦 …

楽器の価値観における矛盾の考察

 私は良い楽器について、こう説明しています。 ・自分が満足できるものが良い楽器であり、それが最終目標でもあります。 ・自分の価値観の殻の中では、良い楽器を選ぶことはできません。すなわち、自分で良いと思った楽器が、良いとは …

自動車整備業界で、技術者人材の引き抜きが始まりだしたらしい

 ネットニュースで、「技術者不足から、人材の引き抜きが多くなっている」との記事がありました。自動車整備士などの技術者を志す若者が少なくなって、業界が人材不足になっているそうなのです。  私も以前から、同じ事をこの弦楽器業 …

3本の異なるヴィオラ弓の性能と、それによるボウイングや音質、音量の違い

 3本の異なる性能のヴィオラ弓と、それらの弓で弾くボウイング運動の違いや音質の違いを比較してみました(ヴィオラは私が製作した作品です)。  弓の性能の違いで、これだけ音や弾き方(ボウイング)に差が出るのです。演奏の上手な …

弓毛の面の隅(極端に言えば毛一本)で弾くのが正しいという、間違った常識

 「弓は傾けて、弓毛の面の隅で弾くのが正しい弾き方」と、勘違いをしている方がとても多いのです。中には、「毛1本だけで弾くような、高度な演奏」みたいな事を言う人もいます。  そういう弾き方を意識して行っているのか、または無 …

楽器の良い音とは、弦を大きく振動させると言うよりは、楽器の響板をドライブするイメージ

 多くの方は、「楽器を鳴らす」というと、「弦を大きく振動させる」ことだと思っているようなのです。決して間違いでは無いのですが、誤解しているのです。  「弦を大きく振動させる」という事を表面的に捉えすぎていて、とにかく弦の …

素晴らしい演奏には、きちんとした理由があります

 今日、私の工房のお客様のヴァイオリニストの方から、ご自身のコンサートのBDを頂きました。  その映像をじっくりと観察して、直ぐに感じたのは、「演奏の理」です。すなわち、理にかなった運動をしているから、演奏が素晴らしいの …

「裏板を鳴らす」とは

 よく、「先生から、『もっと裏板を鳴らすように』演奏してと言われる」という、話を聞きます。  ところがこの「裏板を鳴らす」という言葉(表現)を、勘違いしている演奏者や技術者がたくさんいるのです。裏板を振動させて、裏板から …

1 2 3 16 »
PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.