ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です
ブログ記事

工房

ヴァイオリンの開放弦の振幅と振動数の様子

 ヴァイオリンの各弦の開放弦を弾く様子を、2,000fpsのハイスピード撮影してみました。 それぞれの弦で、弦の振幅と、振動数(振動のスピード)がかなり違っているのを見て取れると思います。  興味深いのは、これだけ振幅の …

ハイスピード撮影時に、さらなる大光量が欲しい

 先日5,000fpsでのハイスピード撮影を行いましたが、光量が足りなくて苦労しました。これでも工房のLED照明を寄せ集めて、できるだけ光りを集めたつもりですが、それでも光量不足でした。  本来のハイスピード撮影時には、 …

「調整でこんなに変わるものなのですね」と喜ばれる事も多いのですが、その逆は?

 これは大げさなアピールではなく、多くの方から「調整でこんなに音や弾きやすさが変わるものなのですね!」と喜ばれる事が多いです。  と言うことは、逆の事も言えるのです。  そのような調整を知らずに、これまでやってきたという …

あるチェロケースの匂い ??

 現在お預かりしているチェロは私の工房にて販売した楽器なのですが、調整のためにチェロケースを開け閉めする度に、なんとなく違和感を感じたのです。  最初は気のせいと思ったのですが、それが「匂い」であることに気づきました。 …

馬毛の摩擦力による弦のピッキング

ヴァイオリンのG線の開放弦を弾いている様子を、5,000fpsのハイスピードカメラで撮影しました。 弓の馬毛がその摩擦力によって弦を引っ張り、次の瞬間、摩擦力が途切れて、弦が振るえる運動をしている様子がわかります。 ヴァ …

仕入れたばかりの馬毛

 仕入れた直後の馬毛です。こうして馬毛業者によって丁寧に精毛されて出荷されるのです。  この後、この断面にボンドを塗り込んで、さらに金具で締めて、馬毛がばらけないようにします。そして縛っている紐を全て切って外してしまうと …

図の意味を理解していただけて嬉しい

 昨日工房にいらしたお客様から、「シーソーみたいな図の説明が、とても判りやすくて納得しました」みたいな感想をいただきました。  その図は、ここの記事の補足図なのですが、私は正直言ってこの図の本当の意味をはたしてどれくらい …

「能書き」と「ハイエナ」の方々へ、ごめんなさい

 私は文章の中で「能書き」とかいう言葉をよく使います。最近では「ハイエナ」とかいう表現も使っています。  ところが、「能書き」という仕事(職業?)の方々が本当にいらして、その方々は決して私が例えているような方ではないので …

良い楽器って、軽く弾いて「バーン」と音が出るのとは違う音です

 多くの方(特に自分が楽器の目利きが出来ると自信のある方)が勘違いしているのが、良い楽器の音の出方の特徴なのです。  かるく弾いて、音が「バーン」と出るような楽器が良いと思い込んでいるのです。もちろん、音が出ることはとて …

帰省した娘が、学生オケの運営のことで愚痴ばかり言うが

 今、娘が帰省していますが、口を開けば、所属の学生オケの運営の愚痴ばかり。「あ~、市民オケで弾きたい」と言います。  そんな娘に、私も妻も、「今悩んだり、不満に思ったり、頑張ったりしているそれこそが将来の財産なのだよ」と …

1 2 3 157 »
PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.