ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です
ブログ記事

工房

楽器と弓の仕入れ仕事が完了

予定していたカントゥーシャ作のヴァイオリンとヴィオラの入手と、弓の仕入れ作業が無事完了しました。 弓の入荷や楽器の調整完了には若干のお時間を要しますが、興味のある方は是非ご連絡下さい。 明日は帰国の途につきます。工房は2 …

一人でドイツに行った時の食事なんてこんなもの

よく「ドイツに行けていいですねえ。ビールも飲めるし」みたいに言われることも多いです。 しかし一人でドイツに行った時の食事なんて、こんなものです。 バーガーキングで食べるのも多いです。一人でレストランに入るのも気が乗らない …

再生音質のクオリティと、演奏技術力の感じ方

 これまでに何度も書いていることですが、音楽を再生するオーディオの品質で、演奏その物のイメージが全く変わってくるのです。  おそらくほとんどの方はそれを知らないで(知ろうとしないで)現在に至っていると思います。なぜ知ろう …

若い時には、できるだけ格安航空券を買っていたのに・・。

 最近は、ドイツ行きの航空券を買うときに、少々高くても直通便を買ってしまうようになってしまいました。今回も、羽田発のミュンヒェン直通のルフトハンザ便です。  成田発の便にしたらもう少し安くなるし、KLMとかスイス航空とか …

なぜこんなに楽器内部が汚れたり、ホコリが溜まるのだろうか?

 私は楽器の調整の時に、毎回ではありませんが楽器内部の清掃も行います。圧縮空気をf孔やエンドピン穴から吹き付けて、内部のホコリを吹き出すのですが、汚れが酷い場合には、工房内に霧がはったかのようにホコリで真っ白くなります。 …

カントゥーシャ作のチェロが点検のために来ましたが、全く問題ありませんでした

 チェロって、構造的にヴァイオリンと比べてとても弱いのです。楽器の大きさの割に、響板の厚みが相対的にかなり薄いのです。またネックも相対的にかなり細くて弱いです。  だから作りの悪いチェロは年月が経つに従って指板が下がった …

「感動」とは何か? 何が「感動」を生むのか?

 音楽を聴いて「感動する」とはどのような状態なのか? 自分自身に「感動を生む」要素とは何なのか?  私の結論であり、もう何度も書いていることですが、感動の本質とは「遠足のおにぎり」なのです。  すなわち、音楽側に答えがあ …

私が用意した「Zauberplatte用の専用保護マット」を是非使ってください

 先日、「ご希望の方にはZauberplatte用のポーチと保護マットを差し上げますよ」という記事を書きました。  お客様の中には、「もう既に自分で収納ケースを購入したからいらない」と思われていらっしゃる方も多いと思いま …

チェロのお客様と、カザルスの無伴奏チェロ組曲の聴き比べ

 本日いらしたチェロのお客様が、調整ついでに、カザルス演奏の無伴奏チェロ組曲のCDも持っていらっしゃいました。  以前にも書きましたが、SPレコードを源音としたカザルス演奏の無伴奏チェロ組曲のメディアは、これまに数多くの …

弓の「圧力」で表現するという具体例

 少し前に「オイストラフとコーガンのチャイコフスキーVn協奏曲の聴き比べ」という記事を書きました。  そこでオイストラフの演奏の中で、弓の「圧力」で表現するという具体例があります。オイストラフ演奏の50秒~1分の間の演奏 …

1 2 3 192 »
PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.