ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です
ブログ記事

工房

コロナ禍で多い弓のトラブル

 「コロナ禍で、楽器ケースに仕舞いっぱなしにしている楽器のトラブルが多い」という事を書きました。楽器をケースに入れっぱなしにしていると、これほどまでにトラブルが起きやすいのだと、私自身が驚いているくらいなのです。おそらく …

防湿庫内の冬期の「加湿」をしなくてよいのか?

 私が改造した楽器保管防湿庫について、「冬期の加湿については?」と疑問を持っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?  この点についても、「私のノウハウ」の一部なのです。簡単に言えば、私の長年の経験上、冬期に防湿庫の …

調整にいらしていない方は、いらしてください。知らない内にこういうトラブルも・・

 この楽器は、通常の調整でいらした楽器なのですが、いざ弦交換をしようとして、指板剥がれが見つかったのです。  コロナ禍で演奏機会も無くなり、調整に出さないまま自宅での練習を続けている方も多いと思います。しかし、今年は梅雨 …

楽器保管防湿庫、迷っている方は是非どうぞ

 私が改造して作った楽器保管防湿庫ですが、単に吊り具をくっ付けただけの単純な改造のように思われるかもしれませんが、私のプロとしての考えがちゃんと入っています。  ご自分で真似しようとして、そう簡単にできることではありませ …

フルニエの安物CDに注意

 先日フルニエ演奏の無伴奏チェロ組曲を、オリジナルレコードと、CDの音とで比較しました。この時に比較に使ったCDは、写真の左側のCDでした。CDとBlu-ray Audioディスクとが入った3枚組のパッケージの物です。 …

ビルスマの無伴奏チェロ組曲、レコード、SACD、CDの聴き比べ

 ビルスマ演奏の無伴奏チェロ組曲は、実は私が一番聴き慣れている無伴奏チェロ組曲の録音です。ずいぶん前に、特に意図してビルスマの演奏を選んだわけではないのですが(いや、忘れてしまったのですが、誰かからこの演奏録音を紹介され …

楽器の性能と、オーディオの性能は共通しています

 「音」の周波数帯域の中で、どの辺りの周波数帯が人間にとっての「良い音」に大きく関わっていると思いますか?  「良い楽器」の音質って、どの周波数帯域の特性が重要だと思いますか?  もちろん「全て」ではあるのですが、「強い …

プロの技はこういうちょっとした拘りなのです

 楽器保管防湿庫の要部分は、楽器を吊す部分です。多くの方はその重要性が判っていないかもしれませんが、この部分がいい加減だと、楽器が落ちてしまったり、または楽器を吊そうとして旨く引っかからずに、落としてしまったりするのです …

フルニエのレコードの音 (~カザルスとの比較)

 フルニエのオリジナルレコードの音です。CDの音しか聴いたことがなかった方は、これまでもたれていた印象とちょっと違うのではないでしょうか? 中低音からの響きがとても豊かなのです(ELPレーザーターンテーブルにて再生)。 …

楽器保管用の防湿庫を作った理由

 皆さんの中には、私が今回のコロナ禍で、急に思いたって防湿庫を作り始めたと思われている方も多いと思います。  半分はその通りなのですが、ずっと前から「やらねば」と、真剣に考えていた事だったのです。  というのは、私の工房 …

1 2 3 234 »
PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.