ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です
ブログ記事

工房

「オーディオの音質」の簡単なチェックポイントは

 私は以前から、「演奏者としてのオーディオ」を勧めています。  曲って、音質的な意味での良い音でなくても聴くことが出来ます。これは会話も同じです。  例えば、走行中に聴いている音楽とか会話について、「あああああっ!雑音が …

ほとんどの方は、良い楽器の音の出方というものを知らないで楽器を買ってしまっています

 特にチェロやヴィオラで顕著なのですが、ほとんど方は良い楽器の音の出方を知らないまま、勘違いした状態で楽器を買ってしまっています。  その「良い音の出方」というのは、楽器の元々の構造(製作の質)だとか健康状態によって生ま …

演奏とはスポーツと同じなのです

 これまでに何度も主張、説明していることですが、「演奏とはスポーツと同じ」なのです。  すなわち、「宇宙の物理の法則」に則り、「理にかなった考え方」のもとで、「理にかなった道具」を使い、「理にかなった運動」を行うことで、 …

オボーリンのピアノ伴奏は凄い

 オイストラフとオボーリンとのペアの演奏は素晴らしいのですが、聴けば聴くほどにオボーリンのピアノ演奏が凄いです。何と、ピアノの音色を変えているのです。嘘のようですが、本当に音色を変えています。  基本的には音色を丸くして …

弾く予定の無い楽器は、知人にあげたり、学校などに寄付した方が、楽器は嬉しいと思います

 何十年間も物置の奥にしまい込んでいた楽器って、大体はボロボロになってしまっています。  以前に大切に使っていた楽器だからこそ、どこかで誰かに使ってもらってうべきと思います。その方が楽器は喜ぶと思います。  少しお金を掛 …

師匠カントゥーシャ氏の凄さは、オイストラフと共通している

 私の師匠カントゥーシャ氏の製作の特徴は、生涯にわたってほとんど変化のない緻密な製作を一貫して行ったことです。これって当たり前のように感じるかもしれませんが、ほぼ全ての製作者の技術って、時代時代によって結構変わったり、年 …

響板(振動板)とは何か

 楽器とは何か? 皆さん考えたことがあるでしょうか?  何となく、振動させるものであるという事は認識していると思います。すなわち、響板(振動板)から成っている総合体が楽器です。  それでは響板(振動板)って、どんなもので …

きちんと低音の出る楽器の音

 今日いらしたお客様は、以前、私の工房にてヴァイオリンと弓を購入してくださった方なのですが、「『まるでチェロの様な低音の、良い音のヴァイオリン』との高評価を得て嬉しかった」と感想を述べられました。  「チェロの様な」とい …

自分で勝手に部品とかを買うのは、お勧めできません

 あるお客様から、「この前張り替えた弦の、G線の発音がおかしいです。G線だけ交換してもらえますか?」と、お電話での相談がありました。  私は「原因はいくつも考えられますので、まずは工房にいらしてご相談ください」と答えまし …

電子チューナーで測ったピッチ精度は正しいのか?

 私は一貫して、「電子チューナーは使わないで、音叉を使うべき」と主張しています。その理由は私が書いた他の記事を読んでいただくとして、今回は、電子チューナーで測ったピッチの値の精度について書きたいと思います。  通常の電子 …

1 2 3 236 »
PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.