ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です
ブログ記事

工房

ボウイング時って、弓は弦の上に置いているのです

 ちょっと誤解されるのが怖いのですが、私が常日頃から感じている、演奏者の勘違いの第一位が、「間違ったボウイウングと、間違った弓の性能」についてです。  上手なプロの演奏者も含め、大多数の人が、弱い弓(本人はそうは思ってい …

YouTubeの再生装置が貧弱だと、音の豊かさや艶が伝わらないのです

 以前、カントゥーシャ作のチェロの音の凄さを紹介しようと、YouTubeで演奏動画を公開しました。ところが、何人かの方の感想を聞くと、カントゥーシャ作のチェロの音の豊かさが感じられず、キンキンしているように感じたとのこと …

情報って、商業的に作られたものだらけです

 少し前にも、「情報って、誰かがお金をかけて商業的に作って、流している物なので、安直に信用してはいけません」という内容の事を書きました。多くの方が信用、信頼している弦楽器の情報って、私からすると怪しい物だらけです。「ラベ …

JAEGERケースの帆布カバーの裏打ち補修

JAEGERケースの帆布カバーの裏打ち補修の紹介です。

ヴィオラ弓の性能と、それによるボウイングや音質、音量の違い

 3本の異なる性能のヴィオラ弓と、それらの弓で弾くボウイング運動の違いや音質の違いを比較してみました(ヴィオラは私が製作した作品です)。  弓の性能の違いで、これだけ音や弾き方(ボウイング)に差が出るのです。演奏の上手な …

「いくら説明しても、信用してもらえない」、、、、って、そんなものなのかも

 昨日、私の工房の常連さんのお客様が久しぶりにいらして(コロナ禍の影響で)、話し込んでしまいました。このお客様ご夫婦は私の事をとても信頼してくださっていて、楽器も弓も(それも高価なクラスの)購入してくださった方なのです。 …

今年の梅雨~夏期は、昨年のような楽器のトラブルは無かったのかな?

 新型コロナ発生初年の昨年には、楽器のトラブルによる修理が多かったのですが、今年はそんなことも無かったような感じです。  ただ、コロナの影響で常連のお客様(特に遠方の方々)が工房に来られなくなってしまったので、ほんとうに …

ヴィオラの音の追求をして欲しいのですが、なかなか

 私は自分がヴィオラを弾くこともあって、ヴィオラの音に関しては他の技術者よりもこだわりがあると自負しています。だから、「ヴィオラの音(の響き)って、皆様が思っているのとは違いますよ」と、主張しているのですがなかなか興味を …

f孔周りを拭くときは、力を加えないで、そ~っと

 前回にも書きましたが、ポリッシュ剤等を使って楽器を磨こうとして表板のf孔部分を割ってしまう人が多いのです。f孔周辺は特に板厚が薄く、しかも割れやすい構造となっています。  だから、楽器を磨こうとして上から圧力を掛けてし …

何度も、何度も書いていることですが

 何度でも、同じ事を書きます。  真の意味での(科学的根拠のある)性能の良い弓無しに、それ以降の練習も、努力も、時間も、無駄になってしまうのです。  私は1995年に工房を開業して、もう25年も同じ事をずっと主張し続けて …

1 2 3 241 »
PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.