ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です
ブログ記事

工房

チャイコフスキーのメロディーのシンプルさ

 白鳥の湖のCDを聴いていて、第一幕のあの有名なワルツの中に出てくるトランペットのソロが耳から離れません。  ごくごく単純なメロディーで、トランペットの奏法もごくごくシンプルです。しかし、全てがシンプルな故に、その美しさ …

瞬間接着剤”アロンアルファ”が使いにくくなった

 私(または同業者)は仕事でアロンアルファ(一般用)をよく使います。馬毛を束ねるときとか、黒檀の小さな接着、または駒に薄革を貼るときなどによく用います。もう30年以上も使い続けています。  ところが最近、アロンアルファの …

お客様にオーディオの音楽を聴いてもらうと

 時々、工房のお客様とオーディオの音の話しとか、またはCD録音の話しになることがあります。そして、SACD(またはCD)をかけてオーディオの音を聴いてもらうのですが、ほとんどのお客様は、新鮮な感覚を受けるみたいです。   …

人間は、論理的思考よりも感情的思考の方が強いらしいです

 ある科学番組の中で、「人間は、論理的思考よりも、感情的思考の方を優先しがち」ということを言っていました。  楽器関連、演奏関連においても、まったく同じだと感じます。  すなわち、自分の価値観を優先してしまい、自分の価値 …

楽器全体が割れだらけのチェロは厳しい

 あるチェロ奏者の楽器(高価なものです)で、胴体全体が割れだらけのチェロがあるのですが、毎回来る度にビリ付きの原因探しで大変です。原因箇所を特定するために、楽器を手でコンコン叩きすぎて、指の関節部分を痛めてしまいます。 …

日大アメフトの件、それにしても酷いですね

 今ニュース報道を賑わせている、日大アメフトの件ですが、それにしても酷いですね。  大学側(監督も)は、自分の大切な学生の人生を、いとも簡単に捨て駒として使って、自分たちの保身に一生懸命です。  日大内部に正義はないので …

私を信用して、購入を決めたその理由は

 先日、私の工房にて半年前にカントゥーシャ作のチェロを購入してくださった方が調整にいらして、楽器の感想とか、それ以外の雑談とか色々な話しをしました。  このチェロ、とても高価です。もちろんそのお客様が特別にお金持ちだとか …

娘の演奏の変化は、演奏が好きになったときに

 私のホームページに、娘の演奏の動画を掲載しています。中には「よくもまあ、こんな下手な演奏を堂々と掲載できるものだな?」と思われている方もいらっしゃると思います。  その通りです。私は仕事柄、プロの演奏者や、または将来プ …

妻のオケ、品川区民管弦楽団の演奏会に行ってきました

 昨日は妻が所属している品川区民管弦楽団の演奏会を聴きに行きました。  伊福部昭 交響譚詩  ジョン・ウィリアムス“スターウォーズ”組曲  ラフマニノフ 交響的舞曲    という曲目で、なかなか面白かったです(ラフマニノ …

日本は「作る」「育てる」という事を忘れてしまったのか?

 まだ日本が貧しかった高度経済成長の頃、「国土が狭く、資源の無い日本は、物を作って、人を育てる以外に成長はない」という考えを誰しも持っていました。八丈島という田舎の小学生だった私でさえ、そんな教育を当たり前のように受けて …

1 2 3 145 »
PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.