現在調整中のヴィオラのテールピースに、レーザー加工機を利用して、彫刻模様を入れてみました。ワンポイントの控えめな模様なので(実物はこの写真よりも小さくて控えめです)自然で、けっこう良いと思います。

 この手の装飾は、音質の劣化に繋がらないのが良いです。

関連記事: