もう何年も前(20年くらい前?)にNHK-BSの番組でたまたま観た、マルタ・クビショヴァーという女性歌手の歌った反戦歌(愛国歌?)「ヘイ ジュード」が、とても印象に残りました。

 それまで私は「プラハの春」なんてまともに考えたことが無かったのです。単なる壁の向こうの、歴史上の出来事くらいに考えていました。しかしその番組を観て、生身の「人」を感じたのです。

 それ以降、マルタ・クビショヴァーの歌った「ヘイ ジュード」のレコードを手に入れたいと思いながら、なかかな出物はありませんでした。

 そこでチェコのレコード通販店から直接購入しました。便利になったものです。

 ペラペラの傷んだレコードジャケット、質の悪い印刷、モノラル録音・・・。しかし音は凄い迫力です。盤面の傷音一つ一つが、1969年にこのレコードが発売されて以来の歴史の音なのです。

 

 

 

関連記事: