「ケースを開けたら、指板が剥がれてしまっていた」、という修理依頼の電話を受けることもけっこう多いです。

 しかし、そのほとんどの方が、下手に自分が手を加えない方が良いと思って、何もしないまま、弦も緩めていないのです。
 指板が剥がれてしまうと、ネックの強度は一気に落ちます。弦を張ったままだと、弦の張力によって、ネックが反り曲がってしまって、結果的に指板の再接着修理だけでは済まなくなってしまう大修理になってしまうこともあるのです。

 指板が剥がれて、取れてしまった場合には、一秒でも早く、弦を外してしまってください。

関連記事: