銘器の渦巻きの石膏型を3Dスキャナでスキャニングして、それをZORTRAX M300にて出力してみました。

左写真の奥側がオリジナル石膏型です。手前が今回出力した3D模型なのですが、その精度はお世辞にもよくはありません。特に渦巻きの複雑な部分の精度が低いです(一般の方が見たらそこまで酷いとは感じないかもしれませんが、私たち専門の者がみたらガッカリの精度です)。
 おそらく、3Dスヤニングをしたときの測定誤差と、3D出力したときの出力誤差が重なったためと考えられます。特に、3Dスキャニングの誤差が致命的と考えられます。もちろん1,000万円を越えるような本格的なスキャナや、数百万円もするようなスキャニングデータ修正ソフトを使用すればもっと実用的なデータが取れるのでしょうが、それは私には非現実的です。

 自分で実行可能な範囲で、色々と実験していこうと思っています。

 最初にサンプルデータを出力したときには、「思っていたよりも簡単!」と感じたのですが、ちょっと複雑なことを行おうとした途端、色々と奥が深くていきなり難しくなりました。

関連記事: