以前に、中古CDの購入についての記事でも書きましたが、わたしは次の事をもの凄く重要視しています。それは、

CD(コレード)の購入枚数と感動の量は反比例する

という事です。私の中では「法則」です。

 お金がなかった学生時代と違って、今は、妻にさえバレなければ、そこそこのお金をかけて「大人買い」する事も出来ます。事実、私が中古CDショップをうろついているときに、CDとかレコードを何十枚も大人買いしている同世代の人も珍しくはありません。

 羨ましいと思う反面、「もったいない」と思うこともあります。

 なぜなら、「買ってしまったら、そこで多くが終わってしまう」からです。もちろん、購入後に聴く楽しみは残っています。そのために購入するのですから。

 しかし、「聴く時間がいったいどれほどありますか?」

 「CDの購入枚数と感動の量は反比例する」 これは私の中では法則です。演奏会についても同じです。

関連記事: