かなり多くの人(特に自分に自信のある楽器オタク系の人)が、楽器の作りが悪くて箱鳴りしている楽器を、発音が良くて良い響きがすると勘違いしています。多くの同業技術者さえもそうです。

 「良い響き」と「響かない箱鳴り」との違いは何かというと、色々な細かな要素が沢山あるので一言では言えませんが、強いて一言で表現するのならば、音が「飽和」してしまっているかどうかなのです。音響的な表現をするのなら、「ダイナミックレンジ」です。

 この話をするためには、「(真の意味での)性能の良い弓」無しには説明できないのです。

関連記事: