よく、「あ~っ、宝くじに当たったら、良い楽器が買えるのに」って、言う人がいます。

 しかし、大金持ちが良い楽器を買えるというものではないのです。確かに、大金持ちなら高価な楽器を購入することは可能です。しかし、それが良い楽器という保証は全くありません。

 大金の周りには、怪しい人たちも群がります。そして、そういう怪しい人たちほど、一見素晴らしい信頼できる人なのです。何を信頼すべきなのか、何を疑うべきなのか、金額が高いほど難しくなる世界です。

 そして一番重要な点は、大金は自分自身の目を眩ませてしまうという現実です。ある意味、大金を持っている人はとても不幸なのです。

 だから皆さん、現状を悲観する必要はありません。それどころか、現状に感謝する気持ちが必要なのです。なぜなら、素直な目と素直な人間関係を持てるのですから。ただし、心が卑屈になってしまったら、おしまいですよ。

関連記事: