フルニエのオリジナルレコードの音です。CDの音しか聴いたことがなかった方は、これまでもたれていた印象とちょっと違うのではないでしょうか? 中低音からの響きがとても豊かなのです(ELPレーザーターンテーブルにて再生)。

 最初の音源がフルニエのレコードの音です。比較のため、カザルスのSPレコード版の音を掲載しておきます。

 

 両者とも、現代チェロの音の出し方(調整)と違っています。悪く言えば「時代遅れ」、良く言えば「自然で品がある」という感じでしょうか? 音の主流も、時代によって変わっています。何が正しいのか?という答えはないのでしょう。

関連記事: