以前から何度か「素晴らしい」と書いてきた、オイストラフ演奏のロジェストオヴェンスキー指揮のシベリウス・ヴァイオリン協奏曲ですが、実際のサンプルをアップロードしていなかったのではないでしょうか?

 このレコードの録音、おそらくライブ録音だと思うのですが、そのためか、オーディオ音質的にはそれほどよくはありません。しかし、演奏が素晴らしいのです。まるで刃物のような鋭さや、「刺すような寒さ」さえも感じます。あるお客様に聴かせたところ、「鳥肌がたった」との感想を述べました。この繊細さと音場感は、ELPレーザーターンテーブルで再生したから取り出せた音質です。

関連記事: