ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です
ブログ記事

工房

「修業」と「勉強」とはちょっと違うと思います

 ヴァイオリン製作だけでなく、職人や技術を習得する方法として「修業」とか「勉強」があります。これら2つには明確な違いは無いのかもしれませんが、一般的に「修業」とは親方とか師匠の元に付きっきりで技術を学ぶ方式です。一方、「 …

製作者のキャラクターは、基本的には変化しません

 昨日の「FFTアナライザでの測定から見えてきたものは」の記事の中で、次の様に書きました。 「本質」とは楽器の持っている根本的なキャラクターです。 そしてその「本質」とは物理的に何を指しているのかというと、「構造」であり …

FFTアナライザでの測定から見えてきたものは

 FFTアナライザでヴァイオリンの音響測定をする方法は、大ざっぱに分類すると次の3種類があります。 1. 実際に演奏して、その音をマイクロフォンで測定する方法 2. 駒をタッピングして、タップトーンをマイクロフォンで測定 …

良い楽器の周波数特性は素直なのです

 少し前の事ですが、Bluetoothスピーカーで私のお気に入りのヴィオラのCD曲をかけて聴いていると、ヴィオラの音があまりにも薄っぺらで、全然ヴィオラの魅力を感じないことに気づきました。音質とは関係の無いはずの演奏さえ …

眼鏡にもお金がかかる

 我々職人にとって視力も技術のひとつです。視力がぼやけていては、高度な作業はできないからです。  視力が良かった私も、さすがに最近は老眼鏡が必須です。作業距離、拡大率にあわせて4つ(拡大のも含めたら6つ!)の眼鏡を使い分 …

ここ数日はずっとニスの修理

 ここ数日間はかかりっきりで、この夏の異常な猛暑でニスの表面が傷んでしまったヴァイオリンのニス修理を行っていました。  他の調整の楽器もちょうど無かったので、集中して作業することが出来て良かったです。  それにしても、今 …

Zauberplatteにはどのような効能があるのか?

 私の考案したエンドピンストッパー”Zauberplatte”ですが、今まで何度か次の様な感想というかコメントを頂いたことがあります。  「興味はとてもあるのですが、価格がそこしこするので躊躇して …

音大の低レベル化が指摘されてもう久しいですが、道具にお金をかけないと

 個々の話しでは無く、一般的、平均的な話しですが、音大の低レベル化が指摘されてもう10年以上経ちます。  私は演奏技術の専門的な事は判りませんが、しかし楽器や弓、そしてそれに対する意識に関して、明らかにレベル低下を感じま …

Zauberplatteの在庫が1つだけあります

 エンドピンストッパー”Zauberplatte”は基本、注文生産ですが、現在在庫が1つだけあります。 注:工房に直接購入しにいらっしゃる方のみに販売致します(試奏希望の場合にはチェロもご持参くだ …

「遠足のおにぎり」の味を知りたかったら

 私はこれまでにも何度も、「究極の音楽(音)とは、遠足のおにぎりである」と述べてきました。  それでは、その「遠足のおにぎり」の味を知りたかったら、どうするのか?  簡単です。行動するのです。  もちろん、自分の人生の時 …

« 1 2 3 160 »
PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.