ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター 佐々木朗の工房日記です。 ホームページは https://www.sasakivn.com です

お知らせ

エンドピンストッパー板”Zauberplatte”の販売について

 これまで私の工房にてチェロ弓かチェロ本体を購入した方への限定販売だった、エンドピンストッパー板”Zauberplatte”(実用新案取得済み)ですが、一通り希望者に行き渡った感じですので、一般販 …

カントゥーシャ作40.8cmサイズのヴィオラがあります

 カントゥーシャ作40.8cmサイズのヴィオラがあります。ご希望の方は試奏しにいらしてください。価格、製作年などの詳細は、試奏しにいらした方のみにお話しします。  音質、状態などの素晴らしさは、私が保障します。今までのヴ …

ブログ記事

聴覚の衰えている年配者に、良い音がわかるのか?

 聴覚は100%、歳と共に衰えていきます。例えば、あの「モスキートトーン」って、10代では当たり前に聞こえるのに、もう20代くらいから厳しくなってきます。まして40代、50代、60代なんていったら、当たり前の事として「無 …

3Dプリンタの出力精度比較(ZORTRAX M300 vs. Qholia)

ZORTRAX M300とQholiaの出力精度比較です。  写真上側がZORTAX M300で、下側がQholiaです。フィラメントは共に、ZORTRAXの純正フィラメントZ-PLA PROを使用しています。ZORTR …

他人に楽器を貸したら、楽器が鳴らなくなった(?)

 時々、「他人に楽器を貸したら、返却後に楽器の鳴りが悪くなってしまったけれど、変な弾き方をされたのではないか?」という、相談とか再調整の依頼があります。  もちろん、長期間貸すのと、一度だけ貸すのととでは話が全く変わって …

たちの悪い、アマチュアの自称「製作を勉強した」人のアドバイス

 先日、私の工房のお客様の話しなのですが、 「同じアマチュアオケで一緒に弾いているおじさん(おじいさん?)が楽器製作を習ってるみたいで、知ったかぶりして楽器のアドバイスをしてくるから、うっとうしい!」、とのことでした。 …

エンドピンストッパー”Zauberplatte”の保管の注意

 前回にも書きましたが、エンドピンストッパー”Zauberplatte”は精密機器くらいの意識で取り扱ってください。  時々、納品時に私が包んでお渡しした「プチプチ袋」をそのまま使っていらっしゃる …

楽器内部のカビ落としが大変だった

 現在オープン修理をしている楽器なのですが、外側からは想像できないほど内部にカビが繁殖していました。それを歯ブラシとかで丁寧に落として、念のためにアルコールで殺菌処理(気休めかもしれませんが)しました。  楽器の内部は、 …

「理」とか「科学的」というのは、「物理学(学問)」の事ではありません

 私は常に、「理にかなった」とか、「科学的に」とか、または「物理」とかいう言葉を強調、主張します。  中には「物理学を知りもしない職人のお前が、偉そうなことを言えるのか?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。  その …

客の前で弟子や従業員を叱る人って最低

 客の前で自分の弟子や従業員を叱る人がいますが、そういう人って最低です。叱るのは客のいないところで行うべきです。  お客側としても良い気分がしないし(これが一番重要)、弟子や従業員にとっても良い事は一つもありません。   …

ドイツのクラシックラジオを聴いていて想い出しました

 先日、工房で仕事をしながら、インターネットラジオでバイエルンクラシックラジオ局を聴いていたのです。時々ドイツ語の解説とか、コマーシャルとかも入ったりして、一瞬、カントゥーシャ工房で働いていたときにタイムスリップする事も …

ヴィオラの”良い音”って

 ヴィオラの”良い音”って、多くの方(ヴィオラ弾きも含めて)が思っているようなこもった音ではなく、「柔らかいけど、スッと通る音」です。鼻が詰まったような音でもありません。または力尽くにかき鳴らして …

学生オケの先輩と楽しい食事

 昨日は学生オケ時代から親しくさせていただいてるA先輩(Hr)がいらしてくださって、食事に誘ってくださいました。私も知らなかった高円寺の美味しいレストランで、美味しい食事とお酒をご馳走になってしまいました。  このA先輩 …

“Qholia”3Dプリンタの驚異的な精度

 Qholia 3Dプリンタでテスト立体モデルを出力してみました。定規と比べていただけると判ると思いますが、驚異的な高精度です。これが樹脂を吐き出して積層形成した物とは思えません。ちなみにフィラメントはPLA系で、ノズル …

いつの間にか、ずいぶん歳をとってしまいました

 少し前に、学生時代のオケ仲間から、実家の押し入れから見つけ出した演奏会のPCM録音と映像テープ(共にβビデオテープ)が送られてきたので、ダビング作業を行っていたのです。  その映像中にA先生の姿も映っていました。A先生 …

バイクの楽しさもヴァイオリンと同じです

 私は時々バイクにも乗る、いわゆる「軟弱ライダー」です。冬は寒いからあまり乗りませんが、それでも時々乗った時には、「そうそう、これこれっ!楽しい~!」って感じます。  バイクの楽しさって、まさにヴァイオリンと同じなのです …

当然の事ですが、「調整」には限界があります

 私は自分自身の持っている様々な理にかなっている技術や知識を集めて楽器の調整を行います(特に重要なのは弓の性能の理論です)。多くの方は「同じ楽器でもこんなに違うのですね」と喜んでくれます。  しかし、調整で行える事には限 …

3D Printig 2018展示会へ行ってきました

 昨日は国際展示場にて開催されている3D Printig 2018展示会へ行ってきました。半月前に導入したQholia 3Dプリンタの出展ブースもあったので、使い方とかの質問をしにいったのです。とても親切に対応してくださ …

割れ修理が想定通りにいかず、結局はフルオープン修理に

 表板の接ぎ割れ修理のヴァイオリンの修理が、当初の予定の「分解しないまま修理」というのが二度別な方法にて修理したのですがうまくいきませんでした。楽器の製作精度とか、楽器の内部歪みのせいで、うまく再接着出来なかったのです。 …

出来る事ならば、ですが、「テキスト形式のメール」の方がありがたいです。

 メールにてご予約を書いてくださるときには、出来る事ならばですが、「HTML形式」ではなく、シンプルな「テキスト形式」で書いてくださる方がありがたいです。  というのは、私は返信の時に、ご予約内容、またはご質問内容の文章 …

日本はドイツと比べて、なぜそんなにメダル数が少ないのか

 先日、ピョンチャン冬季オリンピックが始まりました。残念ながら今のところ、日本のメダルはゼロです。ところが、ドイツはもう既にたくさんのメダルを取っています。  ドイツと日本とでは同じくらいの国力なのに、なぜこれほどメダル …

楽器拭き布を小まめに洗濯する事が、基本中の基本です

 私の工房には様々な状態の楽器がやって来ます。私の工房は飛び込みの一見のお客様はお断りしておりますので、基本的には常連の方なのですが、それでも楽器の状態は人それぞれ、様々なのです。  もちろん、楽器そのものの性能差もある …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 佐々木ヴァイオリン製作工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.